残業代請求の基礎知識の一覧

持ち帰り残業をした場合、残業代を請求することができるのか

勤務時間終了後、引き続き職場で仕事をする居残り残業とは別に、自宅に持ち帰って仕事をする場合があります。 このような持ち帰り残業は、従来から、古くは「風呂敷残業」「フロッピー残業」、最近では「クラウド残業」「モバイル残業」 […]

残業代に関する契約の効力はどうなるか

労働基準法には、残業代に関する規定がいくつもあり、使用者はその規定にならって就業規則を取り決めているのが一般的です。もっとも、残業代に関して就業規則とは異なる取り決めが、個別に使用者と労働者の間でされることがあります。こ […]

36協定とはどのようなものなのか

労働基準法は、残業や休日労働について、厳しい条件を設けています。 しかしながら、業務によっては、労働者に残業や休日労働をしてもらうなど労働時間を柔軟に修正することが求められることもあるでしょう。このようなときに、制限を緩 […]

固定残業代とはどのようなものなのか

残業代は権利として請求することができるはずです。 しかし、「固定残業代」と称して、残業時間数や手当の額などが明確になっていない場合も少なくありません。 では、固定残業代とはどのようなものなのでしょうか。 以下では、固定残 […]

残業代請求の消滅時効はどのように変わったのか

2020(令和2)年4月1日から改正民法が施行され、それに伴い残業代請求の消滅時効の定めが変わりました。 では、残業代請求の消滅時効はどのように変わったのでしょうか。 以下においては、従来の時効期間、時効期間の起算点、2 […]

12

回収できなければ弁護士費用はいただきません。まずはお気軽にご相談ください。※残業代の請求権には2〜3年の時効があります。お早めにお問い合わせください。※交通費などの実費のみ請求する場合がございます。

0120-792-547
24時間受付。相談予約フォームはこちら